2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
去りゆく雉と向かって来るキジ
- 2012/03/24(Sat) -
二羽の雄のキジを見かけました


最初のキジは顔の赤い部分が少し小さ目
キジ 21

向こうへ歩き始めたので、少し距離をおいて
後をつけて行きました
キジ 22

すると いきなり畔の横の草むらに飛び込みました

こちらに気付かれたのかと思いきや
もう一羽のキジが飛んできて、それで隠れたようです

後からきたキジはしばらくそこで立ち止まっていて行方を捜しているようでした

ゆっくりしゃがんで様子を見ていると、こちらに向かってきます

キジ 23
どんどん向かって来るキジのほうが
顔の赤い部分が大きく立派そうでした

キジ 24



繁殖期を迎えた雄のキジ同士が遭遇すると
テリトリーを守るためバトルを行うのですが
最初のキジは、いつもこの付近にいてお互い顔見知りだったのかもしれません
それで、弱いキジは逃げ込んだのでしょう


キジもそろそろきれいになってきています

それにつけてもバトルが見れず残念でした

 
 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます

この記事のURL | 鳥・キジ     【キジ科】 | CM(2) | ▲ top
<<今季は見る機会が少なかった猛禽 | メイン | 2羽の鳥の共同作業>>
コメント
男らしさ -
顔の赤い部分が大きいと言うことは
オスとして優位な立場にあるのではないでしょうか
オス同士の優劣の決め方にバトルで決める方法と
特徴的な模様や色や牙や鼻などの大きさで決まってしまう
ケースが良くあります
文章を読んでいたらそんな気がしました
2012/03/25 00:34  | URL | スポック艦長 #Q1I2IcGY[ 編集] |  ▲ top

やっぱり -
☆スポック艦長さん 
やっぱり男らしさなんですね。

先日の穴場、明後日行くことにしました
ありがとうございました
2012/03/25 20:46  | URL | ツグ(tugumi2003) #4tXsH.Ek[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |