2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
真夏の抱卵
- 2017/08/12(Sat) -

気温35℃の真夏の巣の中は40度を超し、

バンの体温より高くなっていますが、卵を守るために日陰を作っています。

17BBN2255_1.jpg

バンの雌が抱卵しています。

17BBN_6516f.jpg

時々態勢を入替え、真夏の直射日光を避けるようにしていますが

17BBN_6736_f.jpg

とにかく暑い真昼時は、口を開けて放熱をしているようです。


17BBNm_6856.jpg

バンは雌雄で抱卵するので、ようやくオスがやって来て交代です。

雌は真昼の一番暑い時間帯に、餌も水も飲まず巣内にいて

約2時間後に交代しましたが、雌は我慢強くオスのほうが気楽にしているようにも見え

人間と同じようです。


17BBN_6573m.jpg

オスも一応抱卵しています。


連日こんなに暑い日が続いており、こちらも暑さ対策も十分して

木陰で涼んだりしています。




 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ





この記事のURL | 鳥・バン     【クイナ科】  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<抱卵中のバンの様子 | メイン | バンの誘惑>>
コメント
残暑キビシイです💦 -
バン卵がかえる頃はまだまだ暑いでしょう。その時も親鳥は陰を作ったりしてあげるのしょうね。ヒナたちが暑さにやられるなんてこともあるのかしら。
2017/08/12 21:16  | URL | 水ようかん #-[ 編集] |  ▲ top

残暑お見舞い -
水ようかんさん  残暑お見舞い申し上げます。いつもコメントありがとうございます。

水鳥なのでヒナは水辺の草の陰にいて涼しくしているようです。
ただ卵は直射日光に当たると、ゆで卵になってしまうので注意が必要ですね。
2017/08/13 06:50  | URL | ツグ #4tXsH.Ek[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tugumi2003.blog130.fc2.com/tb.php/2327-e6fac95d
| メイン |