2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
面白い差羽(サシバ)の羽根の色いろ
- 2017/07/14(Fri) -

17HST_6289.jpg

サシバ 幼鳥(巣立ち時)の尾羽

尾羽は普通12枚ありますが、オオタカ襲われた時、2枚が抜け落ち

10枚しかありませんが、中央尾羽から右側のT1~T6(上の写真では左側6枚)は

全て残っています。

すべての尾羽の羽軸は羽鞘に覆われ、まだ伸びきっていない羽根です。

左端のT6 は完全に伸びきると21 cmくらいになりますが、

羽毛の長さから、羽の進行段階は5段階のスコアの3段階です。

17HSA0_6298.jpg

小翼羽 3枚

17HSC0_6296.jpg

初列雨覆 3枚

17HSC1_6336.jpg

大雨覆 8枚

17HSC2_6332.jpg

中雨覆 7枚

17HSC3_6328.jpg

小雨覆 17枚

17HSS1_6302.jpg

肩羽 7枚

17HSB1_6310.jpg

背 6枚

17HSB2_6307.jpg

腹 11枚

17HST1_6323.jpg

上尾筒 8枚

17HST2_6319.jpg

下尾筒 8枚

体温を守る為でしょうか、羽根の羽柄に近い所に後羽が密に生えている

17HSW1_6313.jpg

下雨覆 7枚

17HSS2_6304.jpg

脛(スネ)の羽根

普通は手に入らない羽根で、もし1枚だけ落ちていてもこれが脛の羽根の

判断は難しい

今回はサシバは、頭部が無いもののほぼ1羽全体の羽根を入手し

部位毎に1枚ずつ順番に抜き取りながら名前を付けて置いたので

名前が容易に分かりました。

羽を届けてくれた友人に感謝いたします。


翼の羽根は、先日アップしたこちらから


羽根の各部の名称の説明は、こちらを クリック して見て下さい


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ











この記事のURL | 野鳥の羽根       | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオタカの巣立ち時の尾羽 | メイン | 仁徳天皇陵と周辺で出会った鳥>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tugumi2003.blog130.fc2.com/tb.php/2299-7b017e62
| メイン |