2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
メジロの羽根は鶯色では無かった。
- 2016/11/21(Mon) -

公園の野良猫が小鳥を捕まえた所に出くわしました。

斜面の下の方で何か動くものが見えており、

鳥はまだ生きていたようで、猫はジャンプしてもう一度前足でパンチをするかのように

襲いかかっていたので急いで猫を追い払って行って見ると

メジロでしたが、事切れていました。

メジロは地上で採餌するヤブサメと違い、猫に襲われる事が少ないので

幼鳥かも知れないと思い、頭部の羽に息を吹きかけ

羽根の下の頭骨を見てみましたら

下記の写真の通り、Svensson 著 の『ヨーロッパ産スズメ目の識別ガイド』にあるように

図29 A の様に、幼鳥の桃色味を帯びた頭骨が見れました。


6HBS_4142.jpg

メジロを持ち帰り羽根を取り、死骸は埋葬しました。

その羽根の写真がこれですが、風切羽の外弁(前側外縁)に細い巾で緑味があるだけで

羽根の1枚1枚は黒い羽根のように見えます。

6BMJ_4140N.jpg


初列風切の最外側のP10と、外側の尾羽T6には緑色の縁はありませんでしたが

翼はこれらの羽根が重なって、

上の写真左にあるように、緑味のあるウグイス色となります。

(三列風切Te 3 は紛失)



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ





この記事のURL | 鳥・メジロ   【メジロ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アカハジロ 交雑 | メイン | 柿とバラとジョウビタキ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tugumi2003.blog130.fc2.com/tb.php/2080-bde64e39
| メイン |