永年の眠りから覚め、鬼蓮(オニバス)の花が咲く
- 2016/08/21(Sun) -

6HOH5092PS2A.jpg

(画像の上でクリックすると大きな画像になります)

スイレン科  鬼蓮(オニバス)の花が百舌鳥古墳群の濠で突然咲きました。


全国で数十ヶ所にしか生息されていないと言われ、絶松危惧(VU)の希少種が

日本一で世界一とも言われる仁徳天皇陵がある百舌鳥古墳群の中の

五世紀後半の築造とされる古墳の調査&護岸工事で、水が抜かれた為

長年濠の底に眠っていた種子が眼を覚まし、大きな葉を広げ

紫色のきれいな花を咲かせました。


この花には レンカク〔蓮角〕がお似合だと思いますがやって来てくれるでしょうか?
(レンカクは こちら をクリックしてみて下さい)



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます




人気ブログランキングへ











この記事のURL | 花 ・ 山野草      | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオセグロ 成鳥夏羽 | メイン | 山椒食い1・2>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tugumi2003.blog130.fc2.com/tb.php/1998-686b580a
| メイン |