アオバズク雌雄とその食痕
- 2016/07/18(Mon) -

6DKS_3080.jpg

アオバズクの巣の近くあった食痕

キボシカミキリではと思いましたが、この上翅の大きさが37 mm あり

全長はおそらく45 mm を越える事から、おそらくシロスジカミキリでしょうか?

白と黄色の模様は左右対称ではありませんが、きれいな上翅です。


6BAZ2841.jpg

こちらが雌で、ヒナが大きくなったので巣から出て見守っています。

6BAZ2819M.jpg

こちらが♂、巣から離れたところで、雌ほど真剣には見守っていないように見えます。

6DKK_3078.jpg

食痕① 7/14 蒐集

カミキリムシの他、カブトムシの上翅がありました。

ヒナも大きくなり食欲旺盛だと餌を集めるのは大変なことでしょう。


6DKA_3086.jpg

食痕② 6/14 蒐集

クワガタ(コクワガタ? ミヤマクワガタだそうです )等の頭部がありました。



この記事のURL | 鳥・アオバズク 【フクロウ科】 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<梅雨が明け海の日でした。 | メイン | 野鳥がいないので>>
コメント
 -
んな アホな! と思いましたが、ホンマや‼︎ 雌の真剣に見開いてる眼に比べると、雄の眼は退屈そう… ア〜早く交代して欲しいな〜みたいな(≧∇≦) 鳥も人間の♂と同じ⁈
2016/07/18 20:11  | URL | 水ようかん #-[ 編集] |  ▲ top

母は強し -
おはようございます。 水ようかんさん

やっぱり 卵を産み育て上げた母の思いでしょうか。
2016/07/19 07:48  | URL | ツグ #4tXsH.Ek[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tugumi2003.blog130.fc2.com/tb.php/1974-150bf403
| メイン |