2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
暖かい冬至のコミミズク
- 2015/12/23(Wed) -

5BKM8357.jpg

5BKM8614PS2.jpg

5BKM8533.jpg

夕映えの中のコミミズク

陽が落ちても暖かく、のんびりと鳥見が出来ました。



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ



この記事のURL | 鳥・コミミズク【フクロウ科】 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<チュウヒ | メイン | 嘴が欠損したカンムリカイツブリ>>
コメント
 -
拝見させていただき、ありがとうございます。

冬至のことを一陽来復(いちようらいふく)とも言います。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。
旧暦では11月になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。
つまり、衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくるということです。新年が来るという意味のほかに、良くないことが続いていても、冬至が来たら気持ちを切り替えましょう。

『因果応報』の「因果」というのは「原因と結果」のことであります。
ある結果には、必ずその原因となるものがあります。
「応報」とは「原因に応じて結果が現れる」ということです。

自分に起きている事の原因はすべて自分にある!
良いことも悪いことも、自分自身が引き寄せているという事です。
悪因悪果善因善果「良い行いと心がけには善い結果が、悪い行いと心がけには悪い結果が現れる。あらゆる物質の変化も、人に現れる現象も因縁の度合いの報果である」

冬至は気持ちを切り替えるのに最適の日でした。
自己優先の考えを変えましょう。
まず、人のための利益を考えて行動することで、
「利他」を心がけて行動する「菩薩行」を行うと、
自分自身にもきっと幸せがやってきます!
2015/12/23 15:35  | URL | 苦も意図あり #-[ 編集] |  ▲ top

Re: タイトルなし -
> 拝見させていただき、ありがとうございます。
>
> 冬至のことを一陽来復(いちようらいふく)とも言います。
> 「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。
> 旧暦では11月になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。
> つまり、衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくるということです。新年が来るという意味のほかに、良くないことが続いていても、冬至が来たら気持ちを切り替えましょう。
>
> 『因果応報』の「因果」というのは「原因と結果」のことであります。
> ある結果には、必ずその原因となるものがあります。
> 「応報」とは「原因に応じて結果が現れる」ということです。
>
> 自分に起きている事の原因はすべて自分にある!
> 良いことも悪いことも、自分自身が引き寄せているという事です。
> 悪因悪果善因善果「良い行いと心がけには善い結果が、悪い行いと心がけには悪い結果が現れる。あらゆる物質の変化も、人に現れる現象も因縁の度合いの報果である」
>
> 冬至は気持ちを切り替えるのに最適の日でした。
> 自己優先の考えを変えましょう。
> まず、人のための利益を考えて行動することで、
> 「利他」を心がけて行動する「菩薩行」を行うと、
> 自分自身にもきっと幸せがやってきます!

「苦も意図あり」さん ありがたいお言葉をありがとうございました。
2015/12/23 16:37  | URL | ツグ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tugumi2003.blog130.fc2.com/tb.php/1739-1033bcf7
| メイン |