2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
アイリングがはっきりしたイイジマムシクイ
- 2014/10/23(Thu) -

雨上がった翌日にいたのはムシクイだけでした。

頭央線が無いのでこの時期のムシクイは、メボソムシクイだろうと撮っていましたが・・・

BIM_3649.jpg

きれいなアイリングがあり、特に下まぶたに白斑がくっきりと見えます

BIM_3644.jpg

BIM_3653.jpg

一応、頭央線の確認をしました。

イイジマムシクイにしては遅い渡りのような気がしますが

頭部は淡い灰色味、背は緑色味が強いオリーブ色

下尾筒は白色のメボソムシクイよりも淡い黄色味があり

大雨覆に翼帯が1本

足は肉褐色


これはもう希少種のイイジマムシクイのように思えてきました。

そうだったら嬉しいなぁと願望を込めて撮りました。


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます


人気ブログランキングへ




この記事のURL | 鳥・メボソムシクイ【ムシクイ科*】 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<オバナと鳥 | メイン | 羽根に見るクイナ科の鳥の特徴>>
コメント
 -
メボソと従来思われていたものが3種に分かれましたが、これはお書きのようにイイジマと考える方が無難な外観ですね。
もっともイイジマムシクイの詳細特徴がイマイチはっきりしませんが、和泉葛城のバンディングでも通過が確認されているようなので、あり得ないことではないと思います。
・・・と思いましたが下嘴が先端まで黄色でないことや、過眼線が濃い事、下尾筒の黄色味イイジマじゃなさそうです。どちらかというとメボソムシクイでしょうね。
2014/10/23 23:53  | URL | Shin's #RAa2TALo[ 編集] |  ▲ top

普通種で ! -
☆Shin'sさん コメントありがとうございます。
和歌山県北部(美浜町)では確認されていますが、和泉葛城ではまだ捕獲されておらず、期待できそうだと天然記念物のため許可申請中です。

ムシクイの細部の確認は難しいのですが、下尾筒は双眼鏡でよく観察しており淡黄色みを帯びていました。また過眼線がくっきりとしているのは個体差と考えていました。
ただ 下嘴に暗色斑があることだけが気がかりでした。

声の確認も動画で撮ろうとしましたが、地鳴きも聞こえず撮れませんでした。

やはり 判別が難しい時は普通種で!という判断が良いようですね。今回はムシクイの判別の勉強になり、ありがとうございました。

2014/10/24 16:33  | URL | ツグ(tugumi2006) #4tXsH.Ek[ 編集] |  ▲ top

詳しいひとは慎重に・・・ -
図鑑の解説している方や、バンディングでマイハンドで見ている人や鳴き声を確認している人に写真をみていただきました。
このムシクイは画像では判断が難しいようで、やはり鳴き声が確実で、鳴き声が聞けず録音できなかったのが残念です
2014/10/30 22:47  | URL | ツグ(tugumi2006) #4tXsH.Ek[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tugumi2003.blog130.fc2.com/tb.php/1323-5c2655be
| メイン |