2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
今日は大阪南港野鳥園で
- 2014/01/25(Sat) -

斎藤武馬さんの

「3種に分かれたメボソムシクイにおける分類再検討の経緯と

各種の識別方法について」

の講演会を聞きに、大阪南港野鳥園に行ってきました。

FYC_6882.jpg

今回は 斎藤武馬 氏 のライフワ-クのムシクイの分類方法と

2012年日本鳥類目録 第7版で、メボソムシクイを3種に分けたそのいきさつをお聞きしました。

①コムシクイ

②オオムシクイ

③メボソムシクイ

この3種について繁殖地での繁殖個体の調査、ミトコンドリアDNA 解析や形態(外形)の違い、

さえずりと地鳴きの録音と声紋分析等の、鳥類標識調査を間近に見ている人には非常に分かりやすい説明でした。


それで、さっそく今日の成果の検証に

昨年11月に観察したオオムシクイの確認をしてみました。

鳴き声は、昨年と同じ内容でしたが、新たに分かったことは

初列雨覆羽(P10)と、初列雨覆(Pc)の比較でした。

①コムシクイでは、P10はPcより明らかに短い・・・・・ P10<Pc

②オオムシクイでは ほぼ同じ ・・・・・・・・・・・ P10≒Pc

③メボソムシクイでは P10はPcより長い・・・・・・・ P10>Pc


bmu_5411psN.jpg

(画像の上でクリックすると大きくなります)

この鳥はオオムシクイで、昨年11月5日に撮影したものです。


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます


人気ブログランキングへ



 
この記事のURL | 鳥・ 野鳥全般      | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日の鳥 | メイン | 自慢の青い尾羽>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tugumi2003.blog130.fc2.com/tb.php/1083-3a009a00
| メイン |