2015 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2016 02
久しぶりのシノリガモ
- 2016/01/31(Sun) -

6BSN7922.jpg

シノリガモ 2羽、 ホシハジロ♀とキンクロハジロ♂

6BSN7938.jpg

シノリガモ 2羽 と ヒドリガモ♂

6BSN7932.jpg

シノリガモ♀のようですが、遠かったです。


シノリガモのオスは こちらから


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ





この記事のURL | 鳥・シノリガモ 【カモ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
松ぼっくりとイスカ
- 2016/01/30(Sat) -

6hmb_0535.jpg

いきなり問題です。



この瓶の中にあるマツボックリはどうしたら取り出せるでしょうか?

このマツボックリは北米産のテーダマツの実で、下の写真のように黒松より大きいです。


瓶の口の内径は31mm、マツボックリはほぼ50mmです。

6hmb_0537.jpg

瓶の中にあるのは向こう側の大きな方で

手前にあるのは普通の黒松のマツボックリです。


3BIS_5917.jpg

イスカ♂は先端が交差したクチバシ(上嘴が左)で、

松ぼっくり(松毬)をこじ開け中の実を食べます。

3BIS_5864.jpg

イスカ♀も同じように食べます。上嘴はたまたま♂と反対の方向の右に曲がっていますが

人間に右利き左利きがあるように、イスカにも雌雄に関係なく両方みられるようです。

6hmb_0558.jpg

さて このマツボックリですが、雨が近づき湿度が高くなると

開いていたのがすぼんできます。

6hmb_0562.jpg

そして雨が降って3時間もすると、このように閉じて、26mmぐらいとなります。

天気の良い時に松かさが開いて、種子を風で遠くに飛ばし

雨の日は閉じて飛ばないようにするためと言われています。

また 松ぼっくりの鱗片の外側にトゲがあり、黒松にはみられませんが、これも

種子を守る為と考えられています。



もう 最初の問題の答えは分かったことでしょう。

でも 雨の日が続くとイスカはどうしていることでしょうね。




 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ






この記事のURL | 鳥・イスカ  【アトリ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ギンムクドリ♂冬羽の識別
- 2016/01/29(Fri) -


6BGM9864.jpg

ギンムクドリ ♂ 冬羽

雨の日は写真の整理と識別をしています
(先日の在庫から 2016/1/27 撮影)

6BGM0316PS3S.jpg

翼の羽根は、初列雨覆の一部と、初列風切羽と次列風切羽の基部は白く

初列P1では半分ぐらい白い。


嘴の赤味が薄く、頭部は汚白色

6BGM0317YPS2.jpg


6BG1M9130.jpg

こちらは台湾・金門島で撮影した♂冬羽

(2014/11/23撮影)

6BG7M_0831.jpg

ギンムクドリ♂ 夏羽

浜寺公園 (2007/4月)



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ


この記事のURL | 鳥・ギンムクドリ【ムクドリ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
低い所に来たキクイタダキ
- 2016/01/28(Thu) -

松の木の高いところから低い木にやって来た

キクイタダキ

6BKI0211.jpg


6BKI0118ps2cs.jpg


6BKI0209.jpg



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ


この記事のURL | 鳥・キクイタダキ【キクイタダキ科*】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
良い所から飛び出したオオタカ
- 2016/01/27(Wed) -

久しぶりの晴天の今日、オオタカが青空に飛び立ちました。

6BGS0334.jpg

6BGS0347PS1.jpg

6BGS0330.jpg

こんな良い場所からの飛び出しでしたが、

それまでは繁みに潜んでいました。

6BGS0221.jpg




 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ




この記事のURL | 鳥・オオタカ  【タカ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新旧交代
- 2016/01/27(Wed) -

6FHD_0517.jpg

明治40(1907)年に建てられ、

現役の私鉄駅舎として最も古い南海本線・浜寺公園駅(堺市西区)駅舎が

明日28日の始発電車から隣接する仮駅舎で営業を行い

109年にわたった役割を終える。

南海本線連続立体交差事業に合わせて現役を引退することなった。

6FHD_0507.jpg

 東京駅を設計した辰野金吾氏が設立した辰野片岡建築事務所が設計。

平成10年には、国の登録有形文化財に登録されている。


木造平屋建ての駅舎は解体せずそのままの形で保存され、

平成39年度に完成予定の高架駅舎の地上玄関口として利用される予定だ。



この記事のURL | 風 景          | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ