2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
台風一過秋晴れ
- 2016/08/30(Tue) -

6bkh5241.jpg

迷走台風10号が通り過ぎて秋晴れ


6bkh5225.jpg

カワラヒワ 幼鳥

6bkh5233.jpg

よく見かけるカワラヒワですが、何故か手に入らないこの羽根

この黄色の羽根が欲しいです。



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ




この記事のURL | 鳥・カワラヒワ 【アトリ科】  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
落ちてきた野鳥の巣にトラツグミの羽根が・・・
- 2014/04/25(Fri) -

bkh_7702.jpg

公園で、風に揺られた鳥の巣が落ちていました。

bkh_7711.jpg

大きさは外径11cm, 内径5cmぐらいの巣でしたが、何の鳥の巣でしょう・・・

巣の中には、トラツグミの羽根が2枚と、ドバト、カラス、ムクドリ等、産座には30枚以上の羽根があり

その下には、公園へ連れてきた散歩の犬のブラッシングをした時、抜けた毛のかたまりがあり

巣の周囲には、草の細根や糸くずが巻いてあります


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ


答えは 続きを読むから

この記事のURL | 鳥・カワラヒワ 【アトリ科】  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青空バックで
- 2014/01/05(Sun) -

BKH_8925.jpg

カワラヒワ

BKH_8935.jpg

 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます


人気ブログランキングへ




この記事のURL | 鳥・カワラヒワ 【アトリ科】  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コゲラの巣は見つけ易し、されどカワラヒワは・・・
- 2013/06/20(Thu) -

コゲラと同じ留鳥で、民家の庭の植え込みでも巣を作る

カワラヒワです。コゲラは巣を作る時

木をコツコツ音を立てて穴を掘るのですぐ分かりますが

カワラヒワの巣は 葉が茂っている木の枝の間に作るので

見分けがつかない所でした

BKH1_8202PS1.jpg

ゴールデンウィークが終え、コゲラたちは巣立の頃、カワラヒワは巣作りをしていました

BKH_3749.jpg

その10日後には、産卵しているのか巣の中にカワラヒワがいるのを見つけました

卵を産み終えたカワラヒワの抱卵は、11~13日間と言われていますが

巣の中にいるのを最初に見かけた2週間余り後

まだ 産毛も生えそろっていない雛の姿がありました





親鳥が雛に餌を運んでいるようですが、餌の運ぶ間隔が長いので

もしかして雌1羽で子育てをしているのかも知れません

それというのも、通りがかりの人がカラス(おそらくハシブトガラス)に襲われた

カワラヒワを見かけたようです

カラスも子育ての最中なので、他の野鳥の卵や雛を運ぶのは見かけることはありますが

カワラヒワの成鳥が襲われたのは、まだ見たことはありません

BKHa_4383.jpg

こんな分かりにくい所に巣がありました。

巣材は 枯れ草や糸屑と紐と羽毛で作ってあり

こちらの巣から 5羽巣立ちしました

BKHa_4386PS1.jpg

ここは 公園内の散歩道のすぐ横でした


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます

 
人気ブログランキングへ
この記事のURL | 鳥・カワラヒワ 【アトリ科】  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
羽を広げばピカイチ・水浴び場にて
- 2012/06/21(Thu) -
カワラヒワ 21


羽を広げばピカイチなのに

何故か撮られることが少ないカワラヒワです

もし 数少ない鳥だったら、もっと人気があることでしょう

繁殖後のこの頃は、河原等で集団生活し、冬は公園や市街地等でもよく見かける。


今まで撮ったカワラヒワは こちらをクリックしてみてください


和名のヒワは、小さくて繊細でおだやかなことから 『ひはやか』 からきたという

英名の Oriental Greenfinch の名の通り

日本、朝鮮半島、中国東部とカムチャッカ、サハリンの東アジアだけにいる


風切羽の一部が黄色で、飛立つ時など羽を広げればきれいなのに余り画像は見かけない鳥

水浴びで羽根を広げたので、動画にしてみました


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます


動画はこちらから
この記事のURL | 鳥・カワラヒワ 【アトリ科】  | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ