雨の日は羽根の整理を
- 2015/09/25(Fri) -

オーストラリア・ケアンズに行かれた方から、羽根を頂きました。

ガイドの 太田さんが拾ってくれたものもあるそうですが、よく集めていただきました。(感謝です)

私が海外に行った時は、野鳥を探すのが必死で、ほとんど羽根は拾えていませんが、

さすが3度目のケアンズだそうです。


5HKF_6592.jpg

カササギフエガラス  次列風切羽  21.7 cm

Australian Magpie   体長 37~44cm

学名:Gymnorhina tibicen

画像は こちらから


5HKT_6594.jpg

キバタン  雨覆  10.6 cm

Sulphur-crested Cockatoo  体長 50 cm

学名:Cacatua galerita

画像は こちらから

5HIK_6607.jpg

ハゴロモインコ と モモイロインコ

ハゴロモインコ 羽根 3.5 cm

Red-winged Parrot  体長 30 cm

学名: Aprosmictus erythropterus

画像は こちらから

モモイロインコ  羽根 3.0 cm

Galah        体長 35~38 cm

学名: Cacatua roseicapilla


5HHH_6597.jpg

ホロホロチョウ  羽根 8.8 cm

Helmeted Guineafowl     体長 56 cm

学名: Numida meleagris



〔 野鳥の画像は、別の人が撮影したものを了解を得てリンクしています 〕



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ






この記事のURL | 海外の羽根     | CM(0) | TB(0) | ▲ top
28cm の大きな羽根
- 2014/08/23(Sat) -


HAPL_9195.jpg

表 面

HAPR_9197.jpg

裏 面

タイのゴルフ場で蒐集されたこの羽根は

なんだろうと思い、タイの野鳥観察者にお聞きしました。

BIKs_9068.jpg

この鳥の次列風切羽のようです。

インドクジャク Indian Peafowl 

BIK_9070PS1.jpg


普通 タイにはいないので放鳥のようです。

画像は 2009年9月 マレーシアにて撮影

 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ


この記事のURL | 海外の羽根     | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タイから届いた野鳥の羽根
- 2014/08/17(Sun) -


HIPL_9171.jpg

タイから届いた野鳥の羽根

左の翼の初列風切羽 6枚

HIPS_9176.jpg

右の翼の初列風切羽6枚と、次列風切羽8枚

HISc_9191.jpg

褐色に羽の中央部に薄っすらと青味のある羽・・・

おそらく肩羽でしょうか・・・?

HITA_9181.jpg

尾羽が10枚

これらはバンコック郊外にあるナヴァタニ ゴルフ場(Navatanee Golf Course)で

蒐集されたものを知人に送られて来たものです。

タイでゴルフをされる人には有名な名門ゴルフ場のようです。


さっそく調べてみましたが、羽根の長さから

インドブッポウソウでしょうか

英名:Indian Roller
学名:Coracias benghalensis

BIB_7128S.jpg

昨年2013年1月 タイで撮影した遠くの証拠写真がありました。

英名のIndian Rollerの字の通り、初列風切羽はブッポウソウ(Broad-billed Roller)に

よく似ていました。




この羽根以外に、3種類の羽根が届きましたが、図鑑では調べることができない為

タイにいる知人に問合せ中です。

知人は、タイ国政府観光庁で自然保護活動家として紹介されている獣医師の岡部さんです。

 タイのバードウオッチングが紹介されており、この中に岡部和比古 氏が紹介されています。

タイのバードウオッチングに関心のある人は、こちらをご覧ください。

http://www.thailandtravel.or.jp/common/pdf/show.cgi?pdf=/common/pdf/birdsroute.pdf&no=73

(この中の最後に岡部さんが紹介されています)


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ





この記事のURL | 海外の羽根     | CM(0) | TB(0) | ▲ top
頂いたオーストラリアの野鳥の羽根
- 2014/02/11(Tue) -



HPS_6934N.jpg

パプァソデグロバトの羽根

体長は38~44cmで、アオバトより大きく、カラスバトと同じくらいの大きさです。


①初列風切羽: P6またはP7 と思われます

②初列風切羽: P8またはP9 のようです。カラスバトP6とほぼ同じ大きさ

③次列風切羽

④三列風切羽

ソデグロバトと呼ばれるように、翼の先端部が黒いのが、よく分かります。



⑤尾羽    中央よりやゝ外側の羽根で、アオバトの中央尾羽とほぼ同じ大きさで、

中央から先端部にかけて黒い



HTS_6938N

こちらの羽根は、ツチスドリのものです

①~⑥までが尾羽

ムクドリの尾羽のように中央尾羽には白斑が無く、外側尾羽の先端には白斑がある。

⑦は 下尾筒 または下腹部の体毛のようです。


先月1月の下旬から今月始めにかけて、オーストラリア・ケアンズに旅行された方から頂きました。

海外に出かけて多くの野鳥を観察することはできても

羽根の入手はなかなか出来ません。

増して入手した羽根を持ち帰る気配りと、心ねがうれしいです。

貴重な羽根をありがとうございました。


オーストラリアの野鳥を調べる内に、行きたくなりますケアンズへ!



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ


この記事のURL | 海外の羽根     | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |