2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
面白い差羽(サシバ)の羽根の色いろ
- 2017/07/14(Fri) -

17HST_6289.jpg

サシバ 幼鳥(巣立ち時)の尾羽

尾羽は普通12枚ありますが、オオタカ襲われた時、2枚が抜け落ち

10枚しかありませんが、中央尾羽から右側のT1~T6(上の写真では左側6枚)は

全て残っています。

すべての尾羽の羽軸は羽鞘に覆われ、まだ伸びきっていない羽根です。

左端のT6 は完全に伸びきると21 cmくらいになりますが、

羽毛の長さから、羽の進行段階は5段階のスコアの3段階です。

17HSA0_6298.jpg

小翼羽 3枚

17HSC0_6296.jpg

初列雨覆 3枚

17HSC1_6336.jpg

大雨覆 8枚

17HSC2_6332.jpg

中雨覆 7枚

17HSC3_6328.jpg

小雨覆 17枚

17HSS1_6302.jpg

肩羽 7枚

17HSB1_6310.jpg

背 6枚

17HSB2_6307.jpg

腹 11枚

17HST1_6323.jpg

上尾筒 8枚

17HST2_6319.jpg

下尾筒 8枚

体温を守る為でしょうか、羽根の羽柄に近い所に後羽が密に生えている

17HSW1_6313.jpg

下雨覆 7枚

17HSS2_6304.jpg

脛(スネ)の羽根

普通は手に入らない羽根で、もし1枚だけ落ちていてもこれが脛の羽根の

判断は難しい

今回はサシバは、頭部が無いもののほぼ1羽全体の羽根を入手し

部位毎に1枚ずつ順番に抜き取りながら名前を付けて置いたので

名前が容易に分かりました。

羽を届けてくれた友人に感謝いたします。


翼の羽根は、先日アップしたこちらから


羽根の各部の名称の説明は、こちらを クリック して見て下さい


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ











この記事のURL | 野鳥の羽根       | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオタカに襲われたサシバ幼鳥
- 2017/07/06(Thu) -

17HSB_6248.jpg

2羽生まれたサシバの巣立ち直後の幼鳥の1羽が

オオタカに襲われ落鳥したのを届けていただきました。

17HSP_6266N.jpg

初列風切 P1~P10

巣立ちしたとは言えP5~P10 の6本は羽鞘(うしょう)に包まれ完全には伸びきっていない。

この羽鞘は、羽根が完全に伸びきるまで羽柄の部分の正羽・後羽を包み込んでいる
鞘(さや)を言う

羽根の長さは、P10=13.8, P9=17.0, P8=18.8, P7=20.4, P6=20.9, P5=20.1, P4=19.3, P3=18.5, P2=17.7, P1=16.7
(単位cm)

成鳥の羽根に比べ P7で約8 cm、P1では約1cm 短い。



17HSS_6273N.jpg

次列風切 S1~S10

長さは、S1=15.4, S2=15.7, S3=15.5, S4=15.0, S5=14.4, S6=13.9, S7=13.4, S8=13.0, S9=12.4, S10=12.3 (単位cm)


次列風切には羽鞘(うしょう)が無く最初に伸びているものの、

成鳥の羽根と比べて、S1では2cm、S10で2cm弱短い


17HST_6279N.jpg

三列風切

Te1= 11.5、 Te2=10.4、Te3=9.5 (単位 cm)

成鳥の羽根と比べ Te 2で 約2cm短い







野鳥写真OUT順位へ
クリック↑ありがとうございます





人気ブログランキングへ



この記事のURL | 野鳥の羽根       | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅雨の晴れ間の日は
- 2017/06/24(Sat) -

17HSB_6131.jpg

サシバの初列風切

頂いたサシバやオオタカの羽根と、オオタカの巣の近くに残された食痕の羽根(カケス)等を、

貴重な晴れ間に羽根を洗浄し天日干しをしました。


17HOS_6130.jpg

この写真の上の羽根は、オオタカの初列風切 (L=26.3 ) でおそらくP4~P5辺りの羽根でしょうか。

横斑は幼鳥の方が目立つが、この羽根は目立たない成鳥で大きさからメスのようです。

この写真の下(1枚目と同じ羽根)は、横斑が狭いサシバの初列風切 (L=19.9 ) で

P3~P4辺りでしょうか。

サシバは個体差があり、この羽根は暗色型に近い中間色タイプと思われます。


17HKS_6135.jpg

オオタカの巣の近くに残されていた食痕のカケスの羽根

初列風切 7本、次列風切 4本、尾羽 2本、きれいな縞模様の小翼羽 1本 初列雨覆 3本、

白い羽根の下尾筒 1本、 その他


公園にやって来るオオタカの食痕はドバトが多いですが、

山で子育てするオオタカは、よくカケスを襲うので巣の近くではこの羽根を拾う事が多いです。

**********-----------**********

一昨日羽根を届けていただき、

今回のサシバの羽根で野鳥の種類は81種類となりました。(国内種68種、海外種13種)

部位数では1150 を越えました(部位数はこちらをクリックして 参照 して下さい)

今までいただいた方のお名前は羽根の名前と共に記録しており、18名の方から頂いたお陰で

蒐集できました。ほんとにありがとうございました。



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ









この記事のURL | 野鳥の羽根       | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フクロウとクマタカの羽根
- 2017/05/06(Sat) -

17FKT_5461N.jpg

羽根をいただき①と②は、クマタカの羽根だと分かりましたが③と④は分かりませんでした。

①クマタカ 初列風切 P9 L=409 mm

②クマタカ 初列風切    L=331 mm 

③④は、おそらくフクロウの羽根だろうと、調べてみました。

羽根図鑑でも詳しく記載されていないので、フクロウの羽根を調べるため

 宮崎 学 著 「フクロウ URAL OWL」 写真集も見ています。


③フクロウ 初列風切  L=272 mm

初列風切の外弁は、細かい櫛状になっており、羽音を消して

静かにネズミ等の獲物を狙うためのもの

④フクロウ 三列風切でしょうか L= 204 mm

次列風切(L=210mm)より少し短く、羽軸がやや細い

17FFK_5470N

⑤フクロウの尾羽でしょうか L=295 mm

(図鑑によると尾羽は246~248mmとなっており上限値より、かなり大きいので他種の可能性あり)

17FSN_5468N

 この羽根も不明ですが、シラオネッタイチョウの尾羽でしょうか?

⑥ L= 324 mm



17K_5513N.jpg

この写真集は、秋から巣立ちする春までの1年間を克明に記録されています

今 まさにフクロウの巣立ちの時期を迎えており

森のフクロウの巣立ちが今か今かと夢中になって観察していると、フクロウはその殺気を感知し

警戒心を高めていることを感じて欲しい。

巣立ちを我先に見つけるよりも

この本を見るだけで、抱卵から4羽のヒナの巣立ちまでと子育ての様子が

よく分かるように解説されています。




 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ








この記事のURL | 野鳥の羽根       | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ヤマドリ オスの尾羽
- 2017/02/26(Sun) -
3hyd_4166.jpg

ヤマドリ ♂ 尾羽 (表)

3hyd_4194.jpg

ヤマドリ ♂ 尾羽 (裏)

07byd_2628.jpg

ヤマドリ♂の尾羽を撮るのは難しい。

尾羽が主役の写真(在庫写真より)





 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます


人気ブログランキングへ






この記事のURL | 野鳥の羽根       | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ