2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
松ぼっくりとイスカ
- 2016/01/30(Sat) -

6hmb_0535.jpg

いきなり問題です。



この瓶の中にあるマツボックリはどうしたら取り出せるでしょうか?

このマツボックリは北米産のテーダマツの実で、下の写真のように黒松より大きいです。


瓶の口の内径は31mm、マツボックリはほぼ50mmです。

6hmb_0537.jpg

瓶の中にあるのは向こう側の大きな方で

手前にあるのは普通の黒松のマツボックリです。


3BIS_5917.jpg

イスカ♂は先端が交差したクチバシ(上嘴が左)で、

松ぼっくり(松毬)をこじ開け中の実を食べます。

3BIS_5864.jpg

イスカ♀も同じように食べます。上嘴はたまたま♂と反対の方向の右に曲がっていますが

人間に右利き左利きがあるように、イスカにも雌雄に関係なく両方みられるようです。

6hmb_0558.jpg

さて このマツボックリですが、雨が近づき湿度が高くなると

開いていたのがすぼんできます。

6hmb_0562.jpg

そして雨が降って3時間もすると、このように閉じて、26mmぐらいとなります。

天気の良い時に松かさが開いて、種子を風で遠くに飛ばし

雨の日は閉じて飛ばないようにするためと言われています。

また 松ぼっくりの鱗片の外側にトゲがあり、黒松にはみられませんが、これも

種子を守る為と考えられています。



もう 最初の問題の答えは分かったことでしょう。

でも 雨の日が続くとイスカはどうしていることでしょうね。




 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ






この記事のURL | 鳥・イスカ  【アトリ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心に残った今年の鳥
- 2013/12/31(Tue) -

心に残る鳥は、やっぱりイスカ

BIS_5809.jpg

イスカ 飛び出しの瞬間!!

BIS_5771.jpg

群れの飛び立ち

BIS_5965.jpg

ようやく出会えたオスの赤いイスカ

交差したクチバシが見えます。

*********************************

今年も残すところ、わずかとなりました。

この1年 ブログをご覧いただき

また たくさんのコメントを、このブログや Facebook にいただき 

ありがとうございました。

皆様方も よい新年をお迎え下さい。



この記事のURL | 鳥・イスカ  【アトリ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イスカの採餌
- 2013/11/14(Thu) -

BIS_5884.jpg

野鳥イスカが交差する嘴で採餌するシーンを 動画で どうぞ



イスカ(雌)が餌を食べている所にオスがやって来て

メスを追い払います

オスが餌を食べている様子をご覧できます

この記事のURL | 鳥・イスカ  【アトリ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青空バックのイスカ イイスッカ!
- 2013/11/11(Mon) -

BIS_5810ps1.jpg

赤いイスカ♂

BIS_5818.jpg

イスカの嘴の上と下が交差しています

この嘴を見ていただきたくて大きな画像にしています

bis_5864.jpg

イスカ 雌 が2羽

bis_5892.jpg

BIS_5774PS2.jpg

40~50羽のイスカの群れの中から

雄3羽と雌1羽が撮れましたが逆光でした


BIS_5831.jpgbis_5894s.jpg

正面から 雄(左)と 雌(右)


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます


人気ブログランキングへ




この記事のURL | 鳥・イスカ  【アトリ科】 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |