2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
キマユムシクイとヒマラヤムシクイ
- 2013/02/11(Mon) -

タイ北部では この時季見ることができるムシクイ類は

キマユムシクイ、ヤナギムシクイ、メボソムシクイとヒマラヤムシクイで

ムシクイ類は識別が困難な上、日本の野鳥図鑑にも載っていないヒマラヤムシクイも

含めて判別しました。外国の図鑑を含め6冊の図鑑とネットで調べました。

間違いがあればご指摘ください。

現地では ガイドとアドバイスをしてくれる人がいたのですが

なんせ英名で、理解できるのは Warblerの単語だけでしたので、帰ってから調べるのが大変でした

キマユムシクイ  Yellow-browed Warbler

学名:Phylloscopus inornatus

キマユムシクイ_6341

上と下の画像は 別個体

昨年 2箇所に見に行きましたが、一度は見ただけで撮ることが出来なかったキマユですが

今回は4日間に 5箇所で見ることができました

キマユムシクイ_6443

キマユムシクイの特徴は

頭央線は不明瞭で、眉斑は額では繋がらない。下嘴の基部は黄褐色で翼帯は2本


ヒマラヤムシクイ  Blyth’s Leaf Warbler

学名:Phylloscopus reguloides

ヒマラヤムシクイ_6415

一方 ヒマラヤムシクイは

頭央線は黄緑色の縞があり、眉斑の黄色味は少ない。下嘴は赤黄色で 翼帯は2本

なお 翼帯の数はおおむね上記の通りではあるが個体差があり、薄い場合もある


ヒマラヤムシクイ_5206
この記事のURL | 鳥・キマユムシクイ【ムシクイ科】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |