2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
春のノゴマは珍しい?
- 2017/04/19(Wed) -

17BNG6133_1_2017041921473048e.jpg

秋の渡りではお目にかかるノゴマですが

夏羽のノゴマは北海道に行かないと見れないと思っていたら今日出会いました。

17BNG6100_1_201704192147286e3.jpg

暗い所で盛んに採餌しています。

17BNG6122_1_201704192147299a8.jpg

明るい所にはめったに出てきませんが、光が差し込ん撮れました。

17BNG6154_PS10.jpg

本当は、こんな風にタンポポの横に来てほしかったなぁ



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます




人気ブログランキングへ



この記事のURL | 鳥・ノゴマ  【ヒタキ科*】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こんな所で益鳥ノゴマが捕食
- 2015/10/24(Sat) -

5BNG5331.jpg

図書館に出かけようと表に出ると、

お向かいの庭に植えられてあるミカンの木の根元にスズメでは無い鳥影があり

急いで双眼鏡を取って戻ると、なんと公園でも珍鳥のノゴマが道路脇の

ミカンの木の根元に敷いたワラの中の虫をくわえていました。

5BNG5303W.jpg

5BNG5291.jpg

くわえていたのはコガネムシの幼虫で、木の根を食べ

バラの木も枯らしてしまう害虫です。

大きな虫を何度も、時間をかけながら食べています。

5BNG5372A.jpg

夕方近くの短時間でしたが、ノゴマの地鳴きも聞けました。




野鳥写真OUT順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ



この記事のURL | 鳥・ノゴマ  【ヒタキ科*】 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ノゴマ ♂
- 2015/10/09(Fri) -

5BNG3331.jpg

ノゴマ

Siberian Rubythroat  Male

学名 Luscinia calliope

5BNG3362.jpg


Siberian Rubythroat が好きな英国人 Mr. Bob A の為に。






野鳥写真OUT順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ



この記事のURL | 鳥・ノゴマ  【ヒタキ科*】 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バラ園の中の自然なノゴマ
- 2014/10/19(Sun) -

BNG_3559.jpg

ノイバラの赤い実とノゴマ

BNG_3591.jpg

Siberian Rubythroat

BNG_3607.jpg

バラ園の中で餌を探すノゴマ

このバラ園では農薬を使わないでバラを育てています。

毛虫は手で取り除き、病気に強い苗を育てているので、バラの木には虫がいっぱいいて

この虫を食べに野鳥がやって来ます。

自然のまま撮っており、舞台が用意されていないので背景はあまり良くはないのですが、

表情豊かな自然の野鳥を観察するのには好都合です。

BNG_3630.jpg

こちらでは三脚の使用は、車いすの人の為に制限がありますので

入場時は入口にある注意書きをご覧ください。


 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます



人気ブログランキングへ


この記事のURL | 鳥・ノゴマ  【ヒタキ科*】 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
喉の赤いノゴマの雌
- 2013/10/17(Thu) -

BNG_2397.jpg

喉の赤色が薄い雄でしょうか

BNG_2363.jpg

同じ個体です。ネットには雄(若)と記載されていることが多いのですが・・・

BNG_2376.jpg

雌と判断した決め手は、

喉の赤い部分と腹の間にオスにはある黒っぽい縁取りが無いことです。
(スベンソン著 スズメ目の識別ガイド  より 2016/07/24追記 )

実物と忠実になるように 写真は下記の設定です

RAW 画像  ホワイトバランス;太陽光  ピクチャースタイル:ニュートラル

BNG_2383.jpg

背の羽は 成鳥のようです

写真 1~4 枚目 同じ個体 (10月16日撮影)
在庫写真から


『日本の野鳥590』(初版第8刷)では

幼鳥や第一回冬羽の写真は無く、雌は小面積ながら雄のように淡赤色斑をもつものがいると記され

『日本の鳥550(山野の鳥)』(改訂版2刷)では

♀ は喉が白い(淡赤色を帯びるものもいる)とあり

喉の一部が少し赤い♀ の画像がある


喉が赤ければ雄、白ければ雌とは限らないので

もう少し詳しく調べてみました

COLLINS の内容は 続きを読むを ご覧下さい




ノゴマはやっぱり成鳥・雄が人気です

BNG8_4935.jpg

普通の公園で自然な状態で撮っています

BNG8_4833.jpg

ノゴマと言えば 繁殖地の北海道ですが

渡りの季節(主に秋)では 公園でも稀に見ることができます

(撮影 11月2日) 在庫写真から



 野鳥写真IN順位へ
クリック↑ありがとうございます


人気ブログランキングへ




この記事のURL | 鳥・ノゴマ  【ヒタキ科*】 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ